バイクのETCモニター概要

<スポンサードリンク>


バイク乗りの声が届いてか、ようやくバイクのETC実用化に向けての試行運用がスタートしました。

まず最初に首都圏で平成17年11月1日より、バイクETCの一般モニターの募集が始まりました。
首都圏で1,000台を予定していましたが、募集開始2日後の11月3日には応募者が5000名になり、ETCモニターの募集は終了しました。

これを見ても、バイク乗りのETCへの関心の高さが伺えます。

続いて中部圏で平成18年6月16日(金)から450台のモニター募集、
近畿圏で平成18年6月26日(月)から1400台のモニター募集、
を行いました。

いずれの地域も短期間で募集枠がいっぱいになっています。


私もバイクへのETC導入を今か今かと待ち望んでいた一人です。
しかし長い間バイクへの実用化の話が聞こえてこず、ずっと気をもんでいました。
そこにこのバイクのETC無料モニター募集の話を聞き、一も二も無く首都圏のモニターに応募したわけです。

私の場合、運良く首都圏のモニターに採用されましたので、そのモニターの内容をお伝えします。

>バイクETCモニター採用までの流れ