バイクETCモニター採用までの流れ

<スポンサードリンク>


先ほどもお伝えしましたが、平成17年11月1日より募集が開始された首都圏でのバイクETCモニター。

私もこのETCモニターに募集し、運良くモニターに選ばれました。

それではその経緯をお伝えします。

【平成17年】

11月1日

ETCモニター窓口のWEBサイトより応募

11月12日

仮登録完了通知を受け取る(メール)

12月 3日

理解度試験開始のお知らせを受け取る(メール)

12月上旬

理解度確認試験を同サイトにて「受験」
内容はかなり簡単

12月下旬

利用マニュアルなどを受け取る(郵送)
必要書類(確認書および車検証・免許証のコピーなど)を郵送する


【平成18年】

1月 4日

取り付け指定業者(バイク屋)を通知される(メール)

1月下旬

バイク屋に連絡後、下見に行く
その後事情により、取り付けに行けなくなる(入院のため)

4月下旬

事務局より、バイク屋に連絡するよう催促のメールを受け取る

5月下旬

指定されたバイク屋で取り付け
>>バイクETCの写真はこちら

とETCの取り付けに少し手間取りましたが、無事に取り付けることができました。



バイクETCモニターに選ばれた人はアンケートに回答することが義務づけられています。
このモニター対象のアンケートはインターネット上で行われます。

バイクETCモニター
【ネットでモニター専用ページにアクセスします】

バイクETCモニター
【専用ページに入りアンケートに答えます】

モニターアンケートの内容は、使用頻度、危険体験、車載器について、不具合の報告、モニターからの要望などです。

私も実際にETCを使ってみての問題点を指摘しました。


またバイクETCモニターの対象範囲は次の通りです。
バイクETCモニター

>初のバイクETC走行