バイクのETCお見せします

<スポンサードリンク>


皆さんおそらくバイクのETCというものを見たことが無いと思います。
バイクは車と違い室内空間がないため、ETCも通常のものとはかなり違っています。

それでは実際に私がバイクのETCモニターで使用したETCをご紹介します。

バイクETC車載器
【写真参考:道路新産業開発機構

バイクのETC車載器は大きく分けて、アンテナ部、制御部(本体)、表示部の3つの部分から成り立っています。

この3つの部分のうち制御部(本体)にはETCカードが挿入されるため、シートの下など、雨水が侵入しない場所に取り付けられます。

アンテナ部と表示部はバイクの前部に取り付けられます。

バイクETC車載器アンテナ部

バイクETCのアンテナ部です。

表示部(インジケーター)とアンテナ部に分かれています。

バイクETC車載器アンテナ部

表示部はETCの動作状況を、緑と赤のランプで表示します。

バイクETC車載器本体

バイクETCの本体部です。

シートの下に格納されています。

バイクETCカード

ETCカードはこの本体部に挿入します。

バイクETC別途ケース
【写真参考:道路新産業開発機構

車内への取付が困難な車種用のETC収納専用ボックスです。

バイクETC別途ケース
【写真参考:道路新産業開発機構

このボックスでETCの防水をします。

はっきり言ってかなりダサいですね。

バイクETCモニター腕章

バイクETCモニターの腕章です。

ETCで走行するときはこの腕章をつけなくてはなりません。

バイクETCモニター証明書

バイクETCモニターの証明書です。

こちらも走行時には携帯します。

バイクETCモニター証明書

モニター証明書の裏です。